設備紹介|甲斐どうぶつ病院


設備紹介

設備紹介

電子内視鏡システム

胃内異物の回収のほか、胃・十二指腸・大腸の検査、生検に用います。
猫から大型犬まで対応するため、2種類の電子スコープを用意しています。
*回収できる異物には制限があります。また、内視鏡検査には全身麻酔が必要です。

電子内視鏡システム


CR装置(デジタルレントゲン)

従来フィルムと現像液を使用する方法に比べ、検査時間が大幅に短縮されました。各診察室と手術室にもモニターを配置し、効率的な診療を可能にしています。

CR装置(デジタルレントゲン)


レントゲン

小動物専用レントゲン装置で、被爆量も軽減できます。

レントゲン


超音波

東芝製Aplio300。現在動物病院向けでは最高ランクのスペックを誇ります。腹部及び循環器の検査だできるように複数のプローブを備えています。

超音波


多項目自動血球計数装置

赤血球、白血球、血小板など同時に8項目を測定します。

多項目自動血球計数装置


生化学分析装置

血液検査にて、各種臓器の状態を評価する分析装置です。

生化学分析装置


生化学分析装置

フィンランド製の動物用眼圧計です。点眼麻酔不要で正確な眼圧を測定できます。

生化学分析装置


手術設備

各診療科のさまざまな手術を行います。

手術設備


麻酔管理モニター

麻酔中の生体情報をモニターする装置です。同時に7つのパラメータを一画面で監視できます。

小動物用ICU装置


麻酔管理モニター

小動物専用のICU装置です。酸素濃度、湿度、温度、を自動制御できます。呼吸器疾患や循環器疾患の治療において、強力にサポートしてくれます。

麻酔管理モニター


ホルモン測定機器

富士フィルムメディカル社AU10V。甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどが院内にて測定可能です。

ホルモン測定機器


血液凝固系検査機器

WAKO社COAG2NV。血液凝固の異常を検出する機器です。手術前検査や先天性の血液凝固異常を検出します。

血液凝固系検査機器


尿検査機器

シーメンス社クリニックステートプラス。蛋白尿や各種成分を測定します。尿タンパクは異常があれば精密検査をお勧めします。

尿検査機器


顕微鏡診断システム

ZEISS社primoStar顕微鏡とiMac撮影システムです。医療情報DICOMフォーマットと連動して電子カルテに記録できます。

顕微鏡診断システム


院内画像診断ネットワーク

医療情報管理ソフトOsiriXを使用し、院内6台のPCとレントゲン、内視鏡、超音波、顕微鏡の情報を一元管理しています。インフォームドコンセントに使用します。

院内画像診断ネットワーク


血管シーリング・超音波乳化吸引システム

リンパス製ソノサージ。超音波振動を利用した血管シーリングと、臓器の乳化吸引システムです。従来の縫合糸による結紮に比べ格段に手術時間が短くなります。また、糸が体内に残らないため異物反応も起きません。乳化吸引システムは臓器を血管を傷つけることなく摘出できるため、より安全で確実な手術が実施できます。

院内画像診断ネットワーク


犬入院室

大型犬専用スペースも備えた、犬専用の入院室です。清潔で冷暖房も完備しています。

犬入院室


猫入院室

猫専用の入院室です。犬をこわがる猫も安心です。

猫入院室


PAGETOP

診察時間

診察案内

医院紹介

院長・スタッフ紹介


Copyright (C) 2010 Kai Animal Hospital All Right Reseaved.